投稿日:2020年9月20日

橋梁の防護柵の補修パターン

こんにちは!長野県松本市を拠点に、橋梁耐震補強や伸縮装置取替などの橋梁補修工事、解体工事、外構工事を手がけている株式会社富士建です。
今回は、橋梁の安全性を保つために行われる、「防護柵の補修工事」についてお伝えします。
橋梁の状態によって補修の流れが異なりますので、それぞれ確認してみましょう。

既存地覆をそのまま使う場合

橋梁の防護柵の劣化は、車両や通行人の墜落の危険性を高めるので、適切に行わなければなりません。
防護柵の金属部分のみが腐食している場合には、既存地覆をそのまま使用します。
おもに鉄筋損傷防止型防護柵と呼ばれ、短期間で工事を完了できるため、経費削減が実現できます。

地覆からの補修の場合

一方で橋梁のコンクリート部などの損傷が進んでおり、既設地覆が流用できないケースでは、地覆自体を改良しなければなりません。
既設地覆の除去を行い、新たな地覆を形成するために、鉄筋を結束して型枠を設置します。
その後コンクリートを打設し、支柱を建て込み、防護柵を設置していくのです。
老朽化が進んだ橋梁では、防護柵強度が基準を満たしていないことがあるため、抜本的な改修が必要です。
橋梁の補修については、各県によって補修の要否に関するガイドラインがあります。
社会インフラとして重要な橋梁ですので、補修工事に対する社会的な役割は非常に大きいものといえます。

富士建へご相談ください!

弊社は、長野県内で橋梁補修工事や、解体工事などを承っている会社です。
橋梁補修やトンネルなどは、地域社会に欠かせないものです。
弊社の技術と豊富な知識によって、それらのメンテナンスを担うことで、地域社会に貢献いたします。
大型建造物以外にも、戸建てやマンションなどを対象とする工事も承っておりますので、お困りの際は、まずはご相談いただければ幸いです。
皆様からのお問い合わせをお待ちいたしております。

【求人】富士建では新規スタッフを募集中!

現在弊社では、さらなる事業展開を見据えて、新規スタッフを募集中です。
弊社が扱う現場は、大型建造物から戸建てなど多岐にわたり、現場ごとに異なる経験を積むことが可能です。
多くの現場を知り、オールラウンドに働く技術者を目指す方にはピッタリの職場です。
皆様からのご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報からご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

株式会社富士建
〒390-0852 長野県松本市島立1622-2
TEL:0263-48-4178 FAX:0263-50-5037


関連記事

橋や高速道路も伸縮していることをご存じですか?

橋や高速道路も伸縮していることをご存じで…

こんにちは!株式会社富士建です。 弊社は平成15年の創業より長野県松本市に事務所を構え、橋梁補修工事 …

伸縮装置 縦 横

伸縮装置 縦 横

今回は若いスタッフだけで施工です。上出来!今日はジェットコン 打設 梅雨だけど何とか雨も降らなそうで …

伸縮装置取替

伸縮装置取替

コンクリートの打設による新設工事 …

採用情報  お問い合わせ